手足のしびれ首と腰について
  1. ホーム
  2. しびれの種類(部位別)
  3. 変形性頚椎症

変形性頸椎症について

椎間板について

椎間板
椎間板

背骨(脊柱)は重い頭や体を支えながら、前後・左右動く。
背骨が一本の長い骨ならば、自由に動けず、折れてしまう危険性も…。

そこで、骨と骨の間には、水分を含んだゼリー状の椎間板があります。
この椎間板は、衝撃を和らげるクッションの役割を果たしていますが…

椎間板は老化しやすい組織。
20代から老化が始まっているといわれています。

狭くなった椎間板
狭くなった椎間板

老化により椎間板の弾力が低下。
椎間板がつぶれて厚みが狭くなる。
骨と骨の間が狭くなってくると、かみ合わせもずれやすい。

変形性頚椎症

症状

  • 首の痛み
  • 首から肩、腕にかけて痛みやしびれ
  • 手に力が入りにくい  など

中高年に多い。
首を後ろにそらしたり、横に倒した時、ひどくなる場合が多いです。

原因

加齢とともに椎間板の弾力が失われ、椎間が狭くなっていく。

椎間板のクッションの働きが弱くなると、椎骨(骨)同士がぶつかったり、椎間関節が摩耗。
頚椎がぶつかって刺激されたり、すり減ったりすると、骨棘(骨の変形)ができる。

骨棘は、長年、その部分にかかるストレスが原因。
だから、中高年に多い。

骨棘
骨棘

骨棘によって、神経の通り道が狭められ、神経が刺激されやすくなります。

結果、痛みやしびれが出る。

腰の骨が同様な変形を起こした場合、変形性脊椎症(腰椎症)と言われます。
朝起きたときや動き始めに痛みが出ることが多いです。

骨の変形が進み、神経の通り道(脊柱管)が圧迫されると、脊柱管狭窄症となります。

治療

  • 薬物療法
  • 神経ブロック
  • 温熱療法
  • 手術  など

カイロプラクティック的見方

変形性頚椎症は、下部頚椎(首の下方の骨)におこりやすい。

カイロプラクティック的には、
変形している部分に直接アプローチするのではなく、その部分にかかるストレスを少なくするように持っていく。

つまり、上部頚椎や周りの筋肉の緊張を和らげていくことで、ストレスを軽減していく。

今までの治療で改善がない方は、一度お試しください。

カイロプラクティックは、筋肉や骨格のバランスの崩れからくる、痛みやしびれを得意にしています。

今なら、初回特別割引実施中

大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居カイロプラクティック整体院
Tel:06-6699-9811Tel:06-6699-9811
<受付> 9:00~12:00、15:00~20:00
水曜定休

*****

頚椎の骨や椎間板は、重い頭を支えている(頭の重さは、体重の約10%)

もともと負担のかかりやすい部分。
日常的に、首に負担のかからないように注意してくださいね。
(首を後ろにそらせる動作など)

*参考;日常生活の姿勢について

元気でイキイキ、体ラクラク♪のお手伝い
ご予約やお問い合わせはお気軽に

長居カイロプラクティック整体院
tel:06-6699-9811tel:06-6699-9811
大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居駅すぐ
定休日;水曜日
初回割引はコチラ

▲ページ上部に戻る