手足のしびれ首と腰について
  1. ホーム
  2. しびれの部位別(種類)
  3. 胸郭出口症候群

胸郭出口症候群について

症状

  • 手や腕がしびれる
    片側だけでなく、両手ともしびれることも
  • 腕を長時間上げていられない
    しびれがでる
  • 腕を上げていると、腕が冷たくなってくる
    手先が冷える
  • しびれは指全体にでることが多い

なで肩体型の女性に多い。
肩が前に出ている人に多い。

原因

胸郭出口症候群
胸郭出口の神経・血管の通り道

胸郭出口とは、鎖骨と一番上の肋骨の間にある隙間。
この隙間には、神経や血管が通っている。

胸郭出口症候群とは、この隙間が何らかの原因で狭くなって、そこを通っている神経や血管を圧迫。

結果、腕や手にしびれがでる。

原因としては、

  1. 首の筋肉(斜角筋)の緊張
  2. 前胸の腕の付け根付近(小胸筋)の筋肉の緊張
  3. 鎖骨と肋骨の間が狭くなっているの
  4. 頚椎肋骨→手術

血管が圧迫されると、血行が悪くなり、手が冷たくなったり、脈が弱くなったりします。

腕を上げると、圧迫が強くなることが多いため、つり革などを持っているときに気づいたりします。

なで肩の女性に多く、
首が短く筋肉質の男性も。

首が前に突き出し、肩が前方に丸まるとよくないので、ご注意を!

検査法(チェック法)

*検査1
胸郭出口
両手を上げ、グーパー運動を3分間。
もしくは、両肘を90度に曲げたまま、両腕を90度上げて3分間そのまま。

腕のしびれや痛みが強くなるようであれば、胸郭出口症候群の可能性が大。

手指にしびれが強いと、長くあげていられないことも。

*検査2
アドソンテスト
検査する人は、患者の脈をはかる。
患者は、脈をとる手と同じ方向に顔を向ける。

15秒ほど保持して、脈の減弱のチェック。

反対側に顔を向け、同様にチェック。

脈の減弱だけでなく、手のしびれの有無もチェック。

*****

大丈夫でしたか?
検査で反応がでたら、胸郭出口症候群の可能性が高いですよ。

治療

治療として

  • 薬物療法(鎮痛剤、筋弛緩剤など)
  • 腕を酷使せず、肩周りの筋力アップ
  • 手術  などがあります

X線で、骨の異常の確認も大切ですよ。

カイロプラクティック的見方

カイロプラクティック的には、全体のバランスを整えた上で、下記のように対応していきます。

  • 腕の付け根付近の筋肉を緩める。
  • 首のバランスを整え、首の筋肉を緩める。
  • 鎖骨のバランスを整える

カイロプラクティックは、筋肉や骨格のバランスの崩れからくる、痛みやしびれを得意にしています。

今なら、初回特別割引実施中

大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居カイロプラクティック整体院
Tel:06-6699-9811Tel:06-6699-9811
<受付> 9:00~12:00、15:00~20:00
水曜定休

背中が丸い。
肩が内に入っているなど、 姿勢が悪いことが原因の場合も多いです。

長時間パソコンで、背中を丸めた姿勢や、画面を覗き込むように顔をつきだしていませんか?

日常生活の姿勢の見直しも大事ですよ。

参考;日常生活の姿勢について

元気でイキイキ、体ラクラク♪のお手伝い
ご予約やお問い合わせはお気軽に

長居カイロプラクティック整体院
tel:06-6699-9811tel:06-6699-9811
大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居駅すぐ
定休日;水曜日
初回割引はコチラ

▲ページ上部に戻る