手足のしびれ首と腰について
  1. ホーム
  2. しびれ部位別(種類)
  3. 分離すべり症

脊椎分離症・分離すべり症

足のしびれ分離症は、若年層。
すべり症は、年配者に多いです。

次のような、痛みを感じる場合は、要注意。

  • 腰を後ろにそらすと痛い
  • 運動後、痛みが出る
  • 関節が外れそうな痛みを感じる
  • 腰を後ろにそらすと足が痛い。しびれる

成長期に激しい運動をした、重労働をしている人に多い。

脊椎分離症」は脊椎の骨の一部が離れてしまうもの。

分離すべり症」は分離症がすすみ、脊椎の位置がずれた(すべった)状態をいう。

脊椎分離症

症状

  • 腰痛(腰まわりの鈍痛)
  • 腰を後ろのそらすと痛みが増す
  • 長時間の立ち仕事や重労働後、痛みが増す

*分離症だけの場合痛みがでないことも
*成長期の子供によく起こる

原因

分離症
分離個所

スポーツなどで負担を繰り返しかけることで、骨の一部に亀裂が入る。
一種の疲労骨折。

成長期に、激しいスポーツをした経験の人に多い。

腰に多く、「腰椎分離症」とも言われます。

*****

腰椎はもともと前湾している。
(参考;しびれと体のゆがみ

上から力が加わると、構造上、腰椎は前に強く湾曲しようとする。
そして、骨の一部に亀裂が入ることに…
…結果、分離がおこる。

負担のかかりやすい、下部の腰椎におこりやすい。

分離が起きたばかりは、骨の骨折と同じ。
ムリをしないのが大事です。

*早期にレントゲンで確認を。

分離すべり症

症状

  • 腰痛
  • 足に痛みやしびれがでる
  • 腰をそらすと痛みやしびれが強く出る

*分離症がひどくなって起こることが多い
*すべりが高度になると、神経を圧迫する原因になる

原因

すべり症

骨が前後のどちらかにすべる(主に前)

腰椎はもともと前湾している。
(参考;しびれと体のゆがみ

何らかの原因で、ずれがおこると支えきれなくなって、椎骨が滑ってしまう。

すべって、ずれが大きくななると神経を圧迫⇒しびれが起きる。
*早期にレントゲンで確認を。

すべり症は、分離症より深刻です。
痛みがマシな時は、体と相談しながら、腹筋を鍛えたほうがイイですよ。

すべり症の中で、分離のないものを、「腰椎変性すべり症」といいます。
主に、閉経した40歳以上の女性に多い。

治療

  • 保存療法
    安静
    薬物療法など
  • 手術

元気でイキイキ、体ラクラク♪のお手伝い
ご予約やお問い合わせはお気軽に

長居カイロプラクティック整体院
tel:06-6699-9811tel:06-6699-9811
大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居駅すぐ
定休日;水曜日
初回割引はコチラ

▲ページ上部に戻る